世界は西側諸国 対 ロシアの対決に見えるけど、実は3つに分かれている。

コロナ禍の2年の間に世界の構図が大きく変わっているのを

感じます。ロシアのウクライナ侵攻で決定的になった。

 

貿易や国境を越えての人々の交流の変化、そして国同士の

協力と敵対が明確になってきた。

 

今朝7時のBS1の世界のニュースを見ていて驚いた。

 

イギリスのニュースの中で日本もすでに平和を捨てた、とあった。

 

えっ!、一般日本人のほとんどはそんなこと考えてないよ~

 

そして安倍さんの演説姿が流れ、日本も今までとは変わって

きている印象を与えていた。

 

はは~ん。世の中は日本国内のムードを無視して、

このように宣伝され、作られていくのね。

 

世界のニュースを見て、どの国も戦争をストップする努力を

しているようには見えない。

 

流れはすでに決まってしまったのか?

 

さて今朝、22日付けの52分程度のちきりんさんのVOICYを聞いた。

 

タイトルは「ロシアのウクライナ侵攻から3カ月。今後の

世界情勢について解説しました」です。

 

プレミアム配信なので、プレミアムリスナーしか聞けなくて残念。

今の世界情勢のことがよく整理されていますよ。

 

 

要点は、

1) 世界は3つに分かれた。

西側諸国、ロシアや中国、そして第3の国々の3つです。

第3国とはトルコ、インド、日本以外のアジア、

アフリカ諸国などです。

 

2) 岸田首相の今、日本ははっきり西側諸国に組み込まれた

ことを承認した。これは戦争が起きた時、もはや避けることは

できない状態になったということ。

 

鍵を握っているのはトルコとインド。

中立の意思を表すことによって、西側からの援助を

どんどん引き出そうとしているなかなかの知恵者だ。

 

こうした第3国の中の力のある国がどちら側につくとも

はっきりした態度を示さないでいてくれると、何とか世界の

バランスが取れるのかもしれない。

 

今日のVOICYでひとつ印象に残ったのは、

ウクライナフィンランドNATOに加盟すると

日本の沖縄のようになっていくだろうということです。

 

NATO軍の基地があちこちにできれば、それに付随する

歓楽街もでき、その土地の市民たちを脅かすようになる。

 

悲しいけど、現実だ。

 

これからどのように世の中が流れていくのだろうか。

 

西側諸国側の報道だけを聞いていると、偏った

世界観を持つことになります。

 

世界は今、等分に3つに分かれているのです。

 

今日のVOICYを是非聞いてほしい・・・

 

 

 

 

ちきりんさんのVOICYに共感する (1)

ちきりんさんのVOICYは目からうろこの内容が多いです。

 

特にそうだ!と共感し、ぜひとも記録しておきたいものを

取り上げてみます。

 

 

1)2022/5/14 

「教師が不足しているのは、時代遅れの

授業スタイルが原因」

 

学校は何て無駄なことをしてるのだろうとずっーっと思ってました。

もっと効率的なよい方法があるのでは?と。

 

ちきりんさんは、国が一つにまとめて、リモート

授業をすればいい。各学校にたくさんの教師を置いておく必要はない。

教師を増やすのではなく、今の授業形態を変えてしまおうという

ようなお話をされてました。

 

 

コロナ禍になってそれが可能なことが見えてきました。

 

私は今パソコン教室に通っています。

一回が15人ほどの小さな教室。

 

各机にパソコンがあって、それぞれ受けたい授業(エクセル、

ワード、スマホ、それらの応用、資格試験用など)を選んで

動画で受けるようになっている。

 

質問がある時は教室に常駐の講師に聞きます。

 

やりたいことが多様化している時代、

効率よい講座の受け方だと思ってます。

 

小学校も中学校もこういう方法を取れば 教師の仕事が

有効的に行われるのではないでしょうか。

 

学校現場ではそれぞれの生徒の状況に合った指導をするために

相応しい教師を配置する。

 

そして無限の可能性を秘めた子どもたちの

能力を無駄にしてしまうのは日本とっても大きな損失になります。

 

新しい時代に即しての教育をすれば、子どもたちに

とっても社会にとってもプラスに働いていくのではと

考えます。

 

 

 

 

 

 

野菜料理の会に参加する  5月17日(火)

f:id:baikamo77:20220519095624j:image

月一の野菜料理の会に参加してきました。

 

使った素材:

きゅうり、玉ねぎ、セロリ、おから、豆乳、春雨、鶏ひき肉、山菜(タケノコ、

わらび、他)、ごぼう、もち米、トマトの水煮缶、クレソン、トマト、新ごぼう

いんげん、マイタケ、アジの干物、酒かす、生クリーム、干しぶどう

その他調味料多数

 

材料の数も多いのですが、手間もかなりかかっています。

でも出来上がり、味は普段の食事とは格段に違います。

 

 

f:id:baikamo77:20220519095646j:image

野菜の話、季節の話、作り方の復習など楽しいお喋りをしながら

いただく食事はサイコーです。

 

デザートは酒かすのムースです。

酒かすの香りが少々強く、大人のデザートと言えます。

 

いつもながら、ひと時の贅沢な非日常を味わいました。

 

使い込んだ曲げわっぱのお弁当箱に蒔絵をする

f:id:baikamo77:20220516094629j:image

 

金継ぎ講座の先生が変わって、とても教室に活気が出てきました。

 

先生は金継ぎだけでなく、蒔絵も専門なので、受講生たちに

 

蒔絵もやりましょ!と強く勧めてくれます。

 

以前は皆、壊れたり、ひびが入った器を

 

黙々と金継ぎで直していました。

 

蒔絵を始めた今、どんな器にどんな絵柄でどんな色に

 

しようか楽しく迷いながら決めていきます。

 

わたしはまだ蒔絵初心者だから、講師の教えを仰ぎながら

 

慎重に蒔いていきます。

 

絵に勢いをつけるため、そのうち一気に筆を運んでいく

練習をしていきたいな。

 

写真は10年前くらい前に関西に住んでいた時、

車出勤していた夫に毎日持たせたお弁当箱のひとつで、

都内の伝統工芸展で購入した秋田の曲げわっぱです。

子育ては 経験、知識に思考をプラスしてと思う

子育てが終わった今、

学校での成績だけを気にしての

子育てはだめだなあとつくづく思います。

 

私の周りの友人たちのお孫ちゃんたちの

話を聞いていると、それを意識しているのかは

わからないけど、旅行したり、いろんな

イベントに参加したり、忙しい中

たくさんの経験をさせています。

 

昔は子ども同士での遊びの中で人間関係や知識を

得ていったけど、現代はそういう時代じゃない

から、親とも一緒に多くの経験も積ませてる。

 

その他本を読んだり、習い事に通ったり

親御さんも子どもたちもそれはそれは忙しそう。

親御さんも結構楽しんでいるようですが、

時間的にも金銭的にも忙しいですね。

 

 

押しつけでなく、自分の好きなことを見つけて

子ども自身がそれにまっしぐらになれればいいですね。

 

 

でも一番大事なのは思考で、経験と知識、そして考えることを

重ねていくと、他人に振り回されない大人になっていくのではと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母の日のお花をメモとして

ちょうど用事があって、母の日に花束を持って娘が来ました。

以前は気まぐれだったけど、最近はとても気を使ってくれます。

こちらが歳を取ったからかな?

 

お花屋さん、それはそれは混んでいたそうです。

 

 

f:id:baikamo77:20220509234335j:image

 

f:id:baikamo77:20220509234343j:image

 

 

車で箱根へ。天山の湯に浸かってきました。

木々の成長が早く、一面眩いばかりの緑でした。

f:id:baikamo77:20220509234348j:image

 

 

 

一般市民は「しれっと」していたい

最近、思います。

 

戦争しているのは、世界の上層部の都合です。

 

一般市民は戦争なんて起こしたいなどと思っていません。

 

日々、テレビや新聞で敵国なんて洗脳されて、

煽られて・・・

 

今大きな犠牲を被っているのはウクライナアフガニスタンはじめ、多くの国の市井の人たち。

 

敵国指定されたロシアに住んでる日本人に危害が

加えられませんように。

 

逆に日本にいるロシア人が差別されませんように。

 

ロシアと日本の関係だけでなく、他国同士でも一般市民は

普通にお付き合いしていきたいものです。

 

人々が憎しみ合えば合うほど、戦争好きな人たちは大喜びします。